ルール

  • 東風戦、割れ目、ブッ飛び有り(飛んだ場合は1万点払い)

    東風戦
    東1局〜南4局まで行う半荘ではなく、われポンは東1局〜東4局まで。

    割れ目
    配牌の際にサイコロを振るが、牌を配る山が割れた人が割れ目となる。
    割れ目の人は貰える点数と支払う点数が2倍になる。
    【例】自分が親の割れ目で満貫をツモした場合貰える点数は
    通常4000点×3人だが、と8000点×3人となる。

    ブッ飛び有り・飛んだ場合は1万点払い
    点数が0点より下回った場合、飛ばした人に1万点を支払う。
    ※点棒がマイナスになった時、0点は飛ばない。

  • 2万5000点持ちの3万点返し
    (トップ確定のない場合は返り東)

    スタート時は2万5000点だが、終了後の時の計算方式として3万点を起点に計算をする。

  • アリアリルール

    喰いタン(「鳴いてタンヤオを和了すること」)と、
    後付け(「役をあとから付けて和了すること」)あり

  • カンドラは即ノリ

    カンをした時点で、カンした時にめくられる新たなドラもドラ扱いとする。

  • リーチ後の見逃し有り

    自分がリーチした後も相手からロン牌が出て見逃してもOK。ただし和了できるのはツモのみ

  • ロンは頭ハネ(3人ロンは流れ)

    2人ロンした人がいた場合、ロン牌を捨てた人の下家から反時計回りにロン出来る優先順位がある。もう1人にはロン出来る権利がない。
    【参考】
    東(親)家の捨て牌にロン →南、西、北の順
    南家の捨て牌にロン →西、北、東の順
    西家の捨て牌にロン →北、東、南の順
    北家の捨て牌のロン →東、南、西の順

  • 九種九牌&四風連打も流れ

    九種九牌
    ポン、チー、カンのない第1ツモ(親は配牌)で幺九牌(萬・筒・索の各1と9、東、南、西、北、白、撥、中)が9種類以上ある場合は流局することもできる。

    四風連打
    チー、ポン、カンのない1順目の時に全員が同じ風牌(東南西北のいずれ か)を切った場合、その局は流局とする。

  • 2飜しばりの場合、チートイツでも和了れる
    同じく2飜しばりの時、リーチ一発はダメ!!

    5本場を超えた場合、2飜以上の役でないと和了出来ない(この時ドラは1飜とは数えない)。
    【例】
    (×)タンヤオのみ、ツモのみ、リーチ一発、ツモドラ1など
    (〇)チートイツ、タンヤピンフドラ1、なと

  • 持ち点計算→100点まで計算

    4人それぞれの点数は100点(最少点数)まで計算する。

  • オカはトップ取り!ウマなし

    スタート時の2万5000点×4人=10万点で、終了後は3万点×4人=12万点として、
    差額の2万点をトップ賞として、1位の特典に付与する。

  • ドラは2枚めくり、ウラドラも有り(ともにネクスト)

    ドラは通常1枚だが、われポンならではなのが最初からドラが2枚で、裏ドラも2枚!

  • フリテンリーチ、フリテンオープンリーチ有り(リーチ棒は1000点)

    自分の捨牌に和了稗があってもリーチ(またはオープンリーチ)してツモあがりすることが出来る。(※ロンはなし)

  • ノーテン親流れ(4局目は流れないが、和了止めの権利有り)

    オールノーテンは流れない
    親がテンパイでない場合、流局する。
    ただし、4 局目で親となった時にノーテンでも親は流れない。
    また、ラス親が和 了した場合、本場を積むかはラストの親が決めることが出来る。

  • 4人リーチは流れ

    4人全員がリーチをした場合、その局は流局とする。

  • 形式テンパイ有り(空テンでもOK)

    その局のテンパイの有無を確認する時に、このままでは役がなくて和了することが出来ない場合でもテンパイしていれば、テンパイ扱いとする。
    【例】
    東1局・親という状況の場合
    1萬・2萬・3萬・2筒・3筒・4筒・7萬・7萬・7萬・5索・6索・7索・北
    ※この場合の待ちは"北"だが、和了の為の役が無い。が流局時にはテンパイ扱い。

  • 少牌は和了り放棄、多牌は満貫払い

    配牌時に手元にある牌の数が13枚(※親は14枚)より少ない場合、その局は和了放棄とし、多い場合は満貫扱い
    【例】
    ・自分が子の場合
    子:2000点×2人、親4000点
    ・自分が親の場合
    子:4000点×3人、とする。