音楽

視聴方法
【フジテレビ有料チャンネル インフォメーションセンター】TEL:0570-088-818

MUSIC SOUP -45r.p.m.(revolution per man)-

『MUSIC SOUP -45r.p.m.(revolution per man)-』が書籍になりました!

自らの音楽人生に影響を与えた45曲を選び、それぞれのナンバーの魅力を自らの言葉で語るという、ミュージシャンのルーツが垣間見える同番組を書籍化したのが本書となります。本書に掲載されているのは、これまでの出演したアーティストの中から厳選された16人。詳しくは、「OAスケジュール」下の書籍情報紹介をご覧ください。


音楽は時に人生を左右し、運命を翻弄する

わがままな耳を持つMusic Masterたちが、自分だけの音楽体験をとっておきの45曲に託して語る栄養満点な音楽番組「MUSIC SOUP -45r.p.m.-」。

「あの曲に出会ってなければ今の自分はなかった」
「あの曲に当時救われた」
などなど人生の岐路でであった珠玉のナンバーを
彼らが自らの言葉で語る極上の20分。

初めて買った曲 ・ 自分の人生を変えた曲 ・ 初めてコピーした曲etc…
出演者本人による解説、思い出、エピソード付きで全曲を紹介します。
選ばれた45曲の紹介を通して、出演者の音楽人生、キャラクター、
そして、知られざる一面を紹介する人生劇場的ひとりトーク番組です。

45r.p.m.~revolution per man~

人にはそれぞれ彼らの人生を揺るがす革命をもたらした曲たちとの出会いがあった…
彼らの人生がたっぷりと詰まった「MUSIC SOUP」。
是非ご賞味ください!

予告スポット(YouTube)はコチラ

OAスケジュール

※放送内容、放送時間は予告なく変更される場合がございます。

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #86

    09/19(月) 12:40~13:00

    寺岡呼人

    ゲストは、寺岡呼人さん。 1988年、JUN SKY WALKER(S)のベーシストとしてデビュー。
    1993年 ソロデビュー以降は、自身のアーティスト活動と並行してプロデュース活動を行い、ゆず、矢野まき、ミドリカワ書房、植村花菜「トイレの神様」などを手掛けました。
    又、自身を中心とした3世代が集うライブイベントを2001年に立ち上げ、松任谷由実、小田和正、仲井戸麗市、桜井和寿、奥田民生、中村中など多くのアーティストが参加。
    現在は再結成を果たしたJUN SKY WALKER(S)のベーシストとしても活動中と活躍は多岐に渡ります。

    多種多様な楽曲を創り出す寺岡さん。そんな寺岡さんが選曲する45曲とは?

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #88

    09/22(木) 20:40~21:00

    松尾レミ(GLIM SPANKY)

    ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット、GLIM SPANKYからVo.&Gの松尾レミさん。
    GLIM SPANKYは1991年生まれの松尾レミ(vo,g)と90年生まれの亀本寛貴(g)の同じ高校に通っていた二人で構成された長野県発のロック・ユニット。2007年の結成当初は4人組だったが、2010年からは二人組へ移行。2013年12月の初の全国流通盤『MUSIC FREAK』を経て、翌年6月に1stミニ・アルバム「焦燥」でメジャー・デビューを果たす。ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルとブルージィで感情豊かなギターを特色とする“オーセンティック・ロックの旗手”として急速に名を広める。2015年7月に初フル・アルバム『SUNRISE JOURNEY』を発表。2016年1月にミニ・アルバム『ワイルド・サイドを行け』をリリース。そして新曲「怒りをくれよ」が、7月23日公開『ONE PIECE FILM GOLD』)の主題歌に決定。原作者で総合プロデューサーを務める尾田栄一郎氏から「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました」と直々に推薦され大抜擢となった。
    ジャニス・ジョップリンやCream、Led Zeppelinなど、1960~70年代のロック / ブルースのエッセンスを感じさせつつも、現在進行形のサウンドとして鳴らす男女2人組ユニットGLIM SPANKY。松尾レミさんが選曲する45曲とは? 必見です!!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    09/23(金) 27:00~27:20

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    09/25() 24:00~24:20

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #85

    09/26(月) 17:20~17:40

    シシド・カフカ

    ゲストは、ミュージシャン・女優・モデルなど、多方面で活躍中のシシド・カフカさんが登場!!
    シシドさんはアルゼンチンで中学時代を過ごし、14歳でドラムを叩き始め、18歳でプロミュージシャンとして活動を開始。数々のバンドでドラマーとして活動後、ドラムヴォーカルのスタイルになり、2012年に『愛する覚悟』でCDデビューしました。以降、各フェス・イベントへの出演、さらに女優やモデルとしても活躍されています。

    メキシコで生まれ、アルゼンチンで中学時代を過ごすなど、かなり独自性の強い人生を歩んできたシシドさん。
    そんなシシドさんが選曲する45曲とは? 多彩な活動の源泉を垣間見ることができるかもしれません。必見です!!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    09/26(月) 17:40~18:00

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #88

    09/28(水) 14:40~15:00

    松尾レミ(GLIM SPANKY)

    ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット、GLIM SPANKYからVo.&Gの松尾レミさん。
    GLIM SPANKYは1991年生まれの松尾レミ(vo,g)と90年生まれの亀本寛貴(g)の同じ高校に通っていた二人で構成された長野県発のロック・ユニット。2007年の結成当初は4人組だったが、2010年からは二人組へ移行。2013年12月の初の全国流通盤『MUSIC FREAK』を経て、翌年6月に1stミニ・アルバム「焦燥」でメジャー・デビューを果たす。ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルとブルージィで感情豊かなギターを特色とする“オーセンティック・ロックの旗手”として急速に名を広める。2015年7月に初フル・アルバム『SUNRISE JOURNEY』を発表。2016年1月にミニ・アルバム『ワイルド・サイドを行け』をリリース。そして新曲「怒りをくれよ」が、7月23日公開『ONE PIECE FILM GOLD』)の主題歌に決定。原作者で総合プロデューサーを務める尾田栄一郎氏から「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました」と直々に推薦され大抜擢となった。
    ジャニス・ジョップリンやCream、Led Zeppelinなど、1960~70年代のロック / ブルースのエッセンスを感じさせつつも、現在進行形のサウンドとして鳴らす男女2人組ユニットGLIM SPANKY。松尾レミさんが選曲する45曲とは? 必見です!!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    09/29(木) 14:40~15:00

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    09/30(金) 12:40~13:00

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    09/30(金) 16:40~17:00

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #88

    09/30(金) 28:10~28:30

    松尾レミ(GLIM SPANKY)

    ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット、GLIM SPANKYからVo.&Gの松尾レミさん。
    GLIM SPANKYは1991年生まれの松尾レミ(vo,g)と90年生まれの亀本寛貴(g)の同じ高校に通っていた二人で構成された長野県発のロック・ユニット。2007年の結成当初は4人組だったが、2010年からは二人組へ移行。2013年12月の初の全国流通盤『MUSIC FREAK』を経て、翌年6月に1stミニ・アルバム「焦燥」でメジャー・デビューを果たす。ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルとブルージィで感情豊かなギターを特色とする“オーセンティック・ロックの旗手”として急速に名を広める。2015年7月に初フル・アルバム『SUNRISE JOURNEY』を発表。2016年1月にミニ・アルバム『ワイルド・サイドを行け』をリリース。そして新曲「怒りをくれよ」が、7月23日公開『ONE PIECE FILM GOLD』)の主題歌に決定。原作者で総合プロデューサーを務める尾田栄一郎氏から「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました」と直々に推薦され大抜擢となった。
    ジャニス・ジョップリンやCream、Led Zeppelinなど、1960~70年代のロック / ブルースのエッセンスを感じさせつつも、現在進行形のサウンドとして鳴らす男女2人組ユニットGLIM SPANKY。松尾レミさんが選曲する45曲とは? 必見です!!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #90

    10/01() 20:00~20:20

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    10/02() 18:50~19:10

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #90

    10/02() 19:10~19:30

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #85

    10/02() 23:00~23:20

    シシド・カフカ

    ゲストは、ミュージシャン・女優・モデルなど、多方面で活躍中のシシド・カフカさんが登場!!
    シシドさんはアルゼンチンで中学時代を過ごし、14歳でドラムを叩き始め、18歳でプロミュージシャンとして活動を開始。数々のバンドでドラマーとして活動後、ドラムヴォーカルのスタイルになり、2012年に『愛する覚悟』でCDデビューしました。以降、各フェス・イベントへの出演、さらに女優やモデルとしても活躍されています。

    メキシコで生まれ、アルゼンチンで中学時代を過ごすなど、かなり独自性の強い人生を歩んできたシシドさん。
    そんなシシドさんが選曲する45曲とは? 多彩な活動の源泉を垣間見ることができるかもしれません。必見です!!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    10/03(月) 18:40~19:00

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #90

    10/03(月) 20:40~21:00

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #90

    10/05(水) 11:30~11:50

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    10/06(木) 20:00~20:20

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #90

    10/06(木) 20:20~20:40

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    10/07(金) 11:40~12:00

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #90

    10/07(金) 15:40~16:00

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #90

    10/09() 12:10~12:30

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #88

    10/10(月) 12:10~12:30

    松尾レミ(GLIM SPANKY)

    ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット、GLIM SPANKYからVo.&Gの松尾レミさん。
    GLIM SPANKYは1991年生まれの松尾レミ(vo,g)と90年生まれの亀本寛貴(g)の同じ高校に通っていた二人で構成された長野県発のロック・ユニット。2007年の結成当初は4人組だったが、2010年からは二人組へ移行。2013年12月の初の全国流通盤『MUSIC FREAK』を経て、翌年6月に1stミニ・アルバム「焦燥」でメジャー・デビューを果たす。ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルとブルージィで感情豊かなギターを特色とする“オーセンティック・ロックの旗手”として急速に名を広める。2015年7月に初フル・アルバム『SUNRISE JOURNEY』を発表。2016年1月にミニ・アルバム『ワイルド・サイドを行け』をリリース。そして新曲「怒りをくれよ」が、7月23日公開『ONE PIECE FILM GOLD』)の主題歌に決定。原作者で総合プロデューサーを務める尾田栄一郎氏から「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました」と直々に推薦され大抜擢となった。
    ジャニス・ジョップリンやCream、Led Zeppelinなど、1960~70年代のロック / ブルースのエッセンスを感じさせつつも、現在進行形のサウンドとして鳴らす男女2人組ユニットGLIM SPANKY。松尾レミさんが選曲する45曲とは? 必見です!!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    10/10(月) 15:20~15:40

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #90

    10/10(月) 24:00~24:25

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #75

    10/11(火) 12:10~12:30

    KenKen

    ゲストは、スーパーベーシスト、KenKen!!
    小学生でベースに出会い、中学生の頃から数々のセッションを重ね、10代とは思えぬテクニックとグルーヴ、そしてその特異な存在感が評判となりました。
    ロックバンド『RIZE』に加入後は、ベース&ヴォーカルとして圧倒的なパフォーマンスを魅せつけ、以降、ドラムス・中村達也とのハイスペック・バトルバンド『SPEEDER-X』KYONO(MAD CAPSULE MARKETS)のプロジェクトである『WAGDUG FUTURISTIC UNITY』、そして日本が誇るミクスチャ-バンド 『Dragon Ash』に参加。
    ベースはもちろん、ドラム、ギター、プログラミング、ヴォーカル全てを自身で演奏、アレンジ、プロデュースした2枚のソロアルバムをリリースする等、今や日本のロックシーンを牽引する存在となりました。
    スーパーベーシスト KenKenが選ぶ45曲。果たしてどのような観点から選曲されるのか?
    お見逃しなく!!

    KenKenの人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #76

    10/12(水) 12:10~12:30

    J(LUNA SEA)

    ゲストは、J!!
    '92年 LUNA SEAのベーシストとしてメジャーテビュー。
    '97年 LUNA SEAの活動休止を機にソロ活動を開始。
    ex.GUNS'N'ROSES(現Velvet Revolver)のダフ・マッケイガンや、ex.SEX PISTOLSのスティーブ・ジョーンズ、THE CULTなどを招いたライブイベント「FIRE WIRE」、初のアリーナオールスタンディングによる日本武道館公演、過去4回に渡って開催されたSHIBUYA-AX 5DAYS等、今や伝説とも言える独自のスタイルでのライブ活動を展開。
    その間、数々の作品を世に送り出し、現在は活動を再開したLUNA SEAのメンバーとして、又、ソロアーティストとして精力的に活動を続けています。
    日本のロックシーンを代表するベーシストであり、かつ、多様な音楽性を併せ持つJさん。 Jさんが選ぶ45曲とは!? 必見です。

    Jの人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #88

    10/12(水) 27:10~27:30

    松尾レミ(GLIM SPANKY)

    ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット、GLIM SPANKYからVo.&Gの松尾レミさん。
    GLIM SPANKYは1991年生まれの松尾レミ(vo,g)と90年生まれの亀本寛貴(g)の同じ高校に通っていた二人で構成された長野県発のロック・ユニット。2007年の結成当初は4人組だったが、2010年からは二人組へ移行。2013年12月の初の全国流通盤『MUSIC FREAK』を経て、翌年6月に1stミニ・アルバム「焦燥」でメジャー・デビューを果たす。ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルとブルージィで感情豊かなギターを特色とする“オーセンティック・ロックの旗手”として急速に名を広める。2015年7月に初フル・アルバム『SUNRISE JOURNEY』を発表。2016年1月にミニ・アルバム『ワイルド・サイドを行け』をリリース。そして新曲「怒りをくれよ」が、7月23日公開『ONE PIECE FILM GOLD』)の主題歌に決定。原作者で総合プロデューサーを務める尾田栄一郎氏から「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました」と直々に推薦され大抜擢となった。
    ジャニス・ジョップリンやCream、Led Zeppelinなど、1960~70年代のロック / ブルースのエッセンスを感じさせつつも、現在進行形のサウンドとして鳴らす男女2人組ユニットGLIM SPANKY。松尾レミさんが選曲する45曲とは? 必見です!!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #77

    10/13(木) 12:10~12:30

    難波章浩

    ゲストは、日本が世界に誇るパンクロッカー、難波章浩さんが登場!!
    '91年、横山健さん、恒岡章さんらとともにバンドHi-STANDARDを結成。
    ボーカル・ベースを担当し、'94年のデビュー以降、熱狂的なファンとともに一大ムーヴメントを作り出し、所謂「ハイスタ世代」「AIR JAM世代」という言葉を残すほど、後の音楽シーンに大きな影響を与えました。'00年のハイスタ活動休止以降は「TYÜNK」「なんばあきひろ&宇宙船地球号」「ULTRA BRAiN」など様々な名義で活動し音楽性の幅を広げ、現在はNAMBA69として精力的な活動を続けています。

    パンクロッカーとしてのイメージが強い難波さんですが、打ち込み系、民族音楽にも造詣が深いことで知られています。そんな、難波さんが選ぶ45曲とは!? 必見です。

    難波章浩の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #88

    10/13(木) 27:40~28:00

    松尾レミ(GLIM SPANKY)

    ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット、GLIM SPANKYからVo.&Gの松尾レミさん。
    GLIM SPANKYは1991年生まれの松尾レミ(vo,g)と90年生まれの亀本寛貴(g)の同じ高校に通っていた二人で構成された長野県発のロック・ユニット。2007年の結成当初は4人組だったが、2010年からは二人組へ移行。2013年12月の初の全国流通盤『MUSIC FREAK』を経て、翌年6月に1stミニ・アルバム「焦燥」でメジャー・デビューを果たす。ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカルとブルージィで感情豊かなギターを特色とする“オーセンティック・ロックの旗手”として急速に名を広める。2015年7月に初フル・アルバム『SUNRISE JOURNEY』を発表。2016年1月にミニ・アルバム『ワイルド・サイドを行け』をリリース。そして新曲「怒りをくれよ」が、7月23日公開『ONE PIECE FILM GOLD』)の主題歌に決定。原作者で総合プロデューサーを務める尾田栄一郎氏から「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました」と直々に推薦され大抜擢となった。
    ジャニス・ジョップリンやCream、Led Zeppelinなど、1960~70年代のロック / ブルースのエッセンスを感じさせつつも、現在進行形のサウンドとして鳴らす男女2人組ユニットGLIM SPANKY。松尾レミさんが選曲する45曲とは? 必見です!!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    10/15() 25:00~25:20

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #89

    10/16() 10:40~11:00

    柴山俊之(菊・サンハウス)

    9月のゲストは、'70年代の博多“めんたいロック”ムーヴメントの元祖的存在 ”サンハウス”のヴォーカリスト、ロック・レジェンド 柴山俊之(菊・サンハウス)さん!!
    柴山さん、鮎川誠さんらによって結成されたサンハウスは、ブルースに根ざした熱いロックを展開。'78年バンド解散後は、作詞家としてシーナ&ロケッツやルースターズ、陣内孝則やARBといった福岡・北九州のロックバンドやアン・ルイス、松田優作、ハウンドドッグを始め数多くのアーティストに詞を提供。ご自身も 「Zi:LiE-YA」「BLUES LION」「Ruby」などのバンドで活動し、ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。一方、花田裕之(ルースターズ)とのアコースティック・デュオ『菊花賞』でも精力的に活動しています。
    69歳の誕生日を迎えた6月9日にはソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』を発売。サンハウス時代からの名コンビであるシーナ&ロケッツの鮎川誠をプロデューサーに迎え、サンハウスの作品以来およそ40年ぶりに“菊&鮎川”の最強タッグが組まれた。9月24日には年に一度のロックンロール首脳フェス「ロッケンロー★サミット」への出演も決まっている。
    69(ロック)歳になってもなおロックに攻め続けるロック・レジェンド 柴山さんが選ぶ45曲とは?
    全ロックファン 必見です!!

    柴山俊之の人生に影響を与えた45曲はコチラ!