エンターテイメント

視聴方法
【フジテレビ有料チャンネル インフォメーションセンター】TEL:0570-088-818

ばら・す

2008年4月よりフジテレビONEにて放送されていた世の中の森羅万象に迫りそのメカニズムを解析する番組「ばら・す」。

多くのリクエストに応え、これまで放送された中から反響の大きかった回を中心にフジテレビNEXTでお送りします。

ばらすことで見えてくる“機能美”、“様式美”、そして“制作者の熱意”。

その世界をお楽しみください。

その言葉の意味はこう記されている。
1.ばらばらにする。こわす
2.人の秘密をあばく。
3.殺す。
4.売り払う。また、安売りする。
5.いったん釣針にかけた魚を逃がす。
6.劇場の大道具を分解して取り除く。  (広辞苑 第六版より)

そして今、その言葉の意味は新たな進化を遂げる。

世の中の森羅万象に迫りそのメカニズムを解析する知られざる「人類の叡知」への冒険。
その言葉、すなわち、「ばら・す」(以上、番組オープニングより)

OAスケジュール

※放送内容、放送時間は予告なく変更される場合がございます。

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #34

    10/15(月) 14:20~15:20

    乗用四輪駆動雑草刈車 F1MASAO CMX224(筑水キャニコム)

    インパクトあるネーミングの製品の数々を輩出する筑水キャニコム。農業用運搬車輌でも国内トップシェアを誇り、国外でもその性能は大きく評価されている。「ものづくりは演歌だ」をスローガンに、顧客のニーズに全力で応える同社の世界戦略商品『F1MASAO』。果樹の幹まわりを驚異の小回りで刈り込む「角切造75」は前輪の切れ角75度。草の取り入れ開口部は刈幅975mm高さ150mmの「間口広子」仕様。草の刈り込む高さは地上から15cmの高さまで21段階調整できる。日本全国の農業作業の用途に応えるべく、開発し進化を遂げてきた乗用雑草刈車「F1MASAO」の全てをばら・す

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #38

    10/18(木) 18:00~19:00

    建築 国立代々木競技場(独立行政法人 日本スポーツ振興センター)

    「20世紀を代表する日本の名建築」として国内だけでなく海外でも高い評価を受けている国立代々木競技場/第一体育館・第二体育館。

    そのユニークなフォルムは伝統的な日本の造形美にコンクリートと鉄という近代の素材が融合した建築のダイナミズムで多くの人を魅了している。

    1964年、東京オリンピックという国家プロジェクトの一翼をになう屋内競技場として着工された代々木競技場は「デザイン」「構造」「機能」のそれぞれが高いレベルで調和した建造物で現在も東京のランドマークとしてその存在感を示している。

    屋内の水泳競技場として大観衆の「収容と観戦」のため柱が無く見通しが良いアリーナを実現させるための“吊り屋根構造”を導入。屋内ながらも開放感のある構造と観衆のライブ感を大切にするため、デザインは“2つの巴(ともえ)型”が採用された。

    当時、構造チームとしてこの国家的プロジェクトに携わり、その後日本建築学界会会長も歴任された斉藤公男教授にばらして頂く。

    意匠・デザインをリアルスケールの現実的な建築物として成立させるための技術「構造」。代々木競技場の驚きのメカニズムをばら・す…

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #39

    10/22(月) 15:00~16:00

    模型蒸気機関車 D51 標準型 重装備仕様(アスターホビー)

    今なお、鉃道ファンのみならず多くの人々を魅了する蒸気機関車。その勇姿を自らの手中に収めたいと願う人の夢を叶えるスーパーホビーアイテム。
    模型蒸気機関車…
    模型といって侮ってはいけない。
    通称「ライブスチーム」と呼ばれるその仕組みは本物と同じく、水と火力によって“蒸気”を生み出しその力で走行する。
    実尺の蒸気機関車の各パーツを1/30に正確にスケールダウンしつつ、動輪やワルシャート式弁装置、クランクシャフト機構など実際の蒸気機関車のメカニズムを再現。部品のネジの直径は1ミリ単位での精度を要求されるという。今日の近代工業発展の大きな礎となった発明“蒸気機関”のメカニズム。
    そして、日本人に最も愛された機関車…D51(デゴイチ)。
    その美しいフォルムと走行の秘密をばら・す…。

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #34

    10/15(月) 14:20~15:20

    乗用四輪駆動雑草刈車 F1MASAO CMX224(筑水キャニコム)

    インパクトあるネーミングの製品の数々を輩出する筑水キャニコム。農業用運搬車輌でも国内トップシェアを誇り、国外でもその性能は大きく評価されている。「ものづくりは演歌だ」をスローガンに、顧客のニーズに全力で応える同社の世界戦略商品『F1MASAO』。果樹の幹まわりを驚異の小回りで刈り込む「角切造75」は前輪の切れ角75度。草の取り入れ開口部は刈幅975mm高さ150mmの「間口広子」仕様。草の刈り込む高さは地上から15cmの高さまで21段階調整できる。日本全国の農業作業の用途に応えるべく、開発し進化を遂げてきた乗用雑草刈車「F1MASAO」の全てをばら・す

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #38

    10/18(木) 18:00~19:00

    建築 国立代々木競技場(独立行政法人 日本スポーツ振興センター)

    「20世紀を代表する日本の名建築」として国内だけでなく海外でも高い評価を受けている国立代々木競技場/第一体育館・第二体育館。

    そのユニークなフォルムは伝統的な日本の造形美にコンクリートと鉄という近代の素材が融合した建築のダイナミズムで多くの人を魅了している。

    1964年、東京オリンピックという国家プロジェクトの一翼をになう屋内競技場として着工された代々木競技場は「デザイン」「構造」「機能」のそれぞれが高いレベルで調和した建造物で現在も東京のランドマークとしてその存在感を示している。

    屋内の水泳競技場として大観衆の「収容と観戦」のため柱が無く見通しが良いアリーナを実現させるための“吊り屋根構造”を導入。屋内ながらも開放感のある構造と観衆のライブ感を大切にするため、デザインは“2つの巴(ともえ)型”が採用された。

    当時、構造チームとしてこの国家的プロジェクトに携わり、その後日本建築学界会会長も歴任された斉藤公男教授にばらして頂く。

    意匠・デザインをリアルスケールの現実的な建築物として成立させるための技術「構造」。代々木競技場の驚きのメカニズムをばら・す…

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    #39

    10/22(月) 15:00~16:00

    模型蒸気機関車 D51 標準型 重装備仕様(アスターホビー)

    今なお、鉃道ファンのみならず多くの人々を魅了する蒸気機関車。その勇姿を自らの手中に収めたいと願う人の夢を叶えるスーパーホビーアイテム。
    模型蒸気機関車…
    模型といって侮ってはいけない。
    通称「ライブスチーム」と呼ばれるその仕組みは本物と同じく、水と火力によって“蒸気”を生み出しその力で走行する。
    実尺の蒸気機関車の各パーツを1/30に正確にスケールダウンしつつ、動輪やワルシャート式弁装置、クランクシャフト機構など実際の蒸気機関車のメカニズムを再現。部品のネジの直径は1ミリ単位での精度を要求されるという。今日の近代工業発展の大きな礎となった発明“蒸気機関”のメカニズム。
    そして、日本人に最も愛された機関車…D51(デゴイチ)。
    その美しいフォルムと走行の秘密をばら・す…。