あなたと温泉に行ったら…

  • #1

    熱川温泉編 前篇

    筆おろしとなる#1、2は、熱川温泉。源泉の温度が約100度という高温から、源泉井の上部から湯気が噴き出ており、湯煙に包まれた温泉街の光景が見られる。泉質は無色透明の塩化物泉で、その殺菌作用から外傷治療や皮膚病などに効能があるとされている。また、湯冷めをしにくいという特徴もあり、この季節にはもってこいの温泉です。

    撮影地:伊豆熱川温泉 温泉湯守り 玉翠館
  • #2

    熱川温泉編 後篇

    筆おろしとなる#1、2は、熱川温泉。源泉の温度が約100度という高温から、源泉井の上部から湯気が噴き出ており、湯煙に包まれた温泉街の光景が見られる。泉質は無色透明の塩化物泉で、その殺菌作用から外傷治療や皮膚病などに効能があるとされている。また、湯冷めをしにくいという特徴もあり、この季節にはもってこいの温泉です。

    撮影地:伊豆熱川温泉 温泉湯守り 玉翠館
  • #3

    伊豆長岡温泉編 前篇

    第二弾となる#3、4は、伊豆長岡温泉。開湯の歴史は古く約1300年前と伝承されており、また高度経済成長期には歓楽街温泉地として栄えた。そのため現在日本で京都と伊豆長岡だけに「芸子学校」があり、今も文化の伝承が行われている。泉質はアルカリ性単純温泉で、その肌に優しい湯は湯あたりしにくく、美肌などに効能があるとされている。また近年、自律神経症、不眠症、うつ状態といった心の病に対しての効能が環境省から認められ、まさに温泉郷全体で観光客を癒してくれます。

    撮影地:伊豆長岡温泉 すみよし館 水庭の旅籠
  • #4

    伊豆長岡温泉編 後篇

    第二弾となる#3、4は、伊豆長岡温泉。開湯の歴史は古く約1300年前と伝承されており、また高度経済成長期には歓楽街温泉地として栄えた。そのため現在日本で京都と伊豆長岡だけに「芸子学校」があり、今も文化の伝承が行われている。泉質はアルカリ性単純温泉で、その肌に優しい湯は湯あたりしにくく、美肌などに効能があるとされている。また近年、自律神経症、不眠症、うつ状態といった心の病に対しての効能が環境省から認められ、まさに温泉郷全体で観光客を癒してくれます。

    撮影地:伊豆長岡温泉 すみよし館 水庭の旅籠
  • #5

    湯布院温泉編 前篇

    2か月目突入となる#5、6は、湯布院温泉。湯布院の人気温泉である和山豊は湯布院高地に位置し、大自然の恩恵を受けることができます。泉質は単純温泉で、トロっとした肌触りが特徴。慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病、神経痛、関節痛、慢性消化器病などに効能があるとされています。

    撮影地:湯布院温泉 和山豊
  • #6

    湯布院温泉編 後篇

    2か月目突入となる#5、6は、湯布院温泉。湯布院の人気温泉である和山豊は湯布院高地に位置し、大自然の恩恵を受けることができます。泉質は単純温泉で、トロっとした肌触りが特徴。慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病、神経痛、関節痛、慢性消化器病などに効能があるとされています。

    撮影地:湯布院温泉 和山豊
  • #7

    日田温泉編 前篇

    2か月目突入となる#7,8は、日田温泉。大分県の豊かな水をたたえた筑後川上流の三隈川が流れる日田市は、古くから「水郷(すいきょう)」と呼ばれるほど水資源に恵まれた町です。今回の旅館琴平かやうさぎは、川のせせらぎ、風の音、湯の音、月明かりに古民家というマリアージュで、自然と文化の一体を体感できます。
    日田温泉は古来より子宝温泉として親しまれており、泉質は炭酸水素塩化物泉で、切り傷、皮膚炎、神経痛、うちみなどに効用があると言われています。

    撮影地:日田温泉 琴平かやうさぎ
  • #8

    日田温泉編 後篇

    2か月目突入となる#7,8は、日田温泉。大分県の豊かな水をたたえた筑後川上流の三隈川が流れる日田市は、古くから「水郷(すいきょう)」と呼ばれるほど水資源に恵まれた町です。今回の旅館琴平かやうさぎは、川のせせらぎ、風の音、湯の音、月明かりに古民家というマリアージュで、自然と文化の一体を体感できます。
    日田温泉は古来より子宝温泉として親しまれており、泉質は炭酸水素塩化物泉で、切り傷、皮膚炎、神経痛、うちみなどに効用があると言われています。

    撮影地:日田温泉 琴平かやうさぎ
  • #9

    丹沢中川温泉編 前篇

    3か月目突入となる#9,10は、丹沢中川温泉。神奈川の奥地丹沢中川にある湯は、あの武田信玄の隠し湯として知られ、柔らかな湯触りの湯は日本一ph値が高い湯として有名です。泉質は強アルカリ性で、美人の湯という異名を持っています。

    撮影地:西丹沢中川温泉 魚山亭やまぶき
  • #10

    丹沢中川温泉編 後篇

    3か月目突入となる#9,10は、丹沢中川温泉。神奈川の奥地丹沢中川にある湯は、あの武田信玄の隠し湯として知られ、柔らかな湯触りの湯は日本一ph値が高い湯として有名です。泉質は強アルカリ性で、美人の湯という異名を持っています。

    撮影地:西丹沢中川温泉 魚山亭やまぶき
  • #11

    箱根強羅温泉編 前篇

    3か月目突入となる#11,12は、箱根強羅温泉。1952年以降、多くの源泉が掘削されており、源泉ごとに泉質は多様です。今回の大涌谷源泉の泉質は硫酸塩温泉で、切り傷、やけど、慢性皮膚炎、神経痛、関節痛、慢性消化器病などに効能があるとされています。

    撮影地:箱根強羅温泉 大涌谷源泉山田家旅館
  • #12

    箱根強羅温泉編 後篇

    3か月目突入となる#11,12は、箱根強羅温泉。1952年以降、多くの源泉が掘削されており、源泉ごとに泉質は多様です。今回の大涌谷源泉の泉質は硫酸塩温泉で、切り傷、やけど、慢性皮膚炎、神経痛、関節痛、慢性消化器病などに効能があるとされています。

    撮影地:箱根強羅温泉 大涌谷源泉山田家旅館
  • #13

    猿ヶ京温泉編 前篇

    4か月目突入となる#13,14は、猿ヶ京温泉。群馬県の赤谷湖畔にいずる湯は、弱アルカリ性低張性高温泉で、美肌効果のほか、神経痛、冷え性に効果があるといわれています。

    撮影地:猿ヶ京温泉 ル・ヴァンベール湖郷
  • #14

    猿ヶ京温泉編 後篇

    4か月目突入となる#13,14は、猿ヶ京温泉。群馬県の赤谷湖畔にいずる湯は、弱アルカリ性低張性高温泉で、美肌効果のほか、神経痛、冷え性に効果があるといわれています。

    撮影地:猿ヶ京温泉 ル・ヴァンベール湖郷
  • #15

    伊香保温泉編 前篇

    #15,16は、伊香保温泉。有名温泉伊香保にいずる湯は「黄金の湯」と「白銀の湯」。今回の撮影地の源泉は平成に湧き出た「白銀の湯」で、天然の保湿成分と呼ばれるメタケイ酸を多く含む単純泉。美肌効果のほか、疲労回復にも効果があるといわれています。

    撮影地:伊香保温泉 和心の宿大森
  • #16

    伊香保温泉編 後篇

    #15,16は、伊香保温泉。有名温泉伊香保にいずる湯は「黄金の湯」と「白銀の湯」。今回の撮影地の源泉は平成に湧き出た「白銀の湯」で、天然の保湿成分と呼ばれるメタケイ酸を多く含む単純泉。美肌効果のほか、疲労回復にも効果があるといわれています。

    撮影地:伊香保温泉 和心の宿大森
  • #17

    信州別所温泉編 前篇

    半年目突入となる#17,18は、信州別所温泉。信州最古の湯として枕草子にもうたわれた別所温泉の泉質は弱アルカリ性単純硫黄泉。慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病にも効果があるといわれています。

    撮影地:信州別所温泉 中松屋
  • #18

    信州別所温泉編 後篇

    半年目突入となる#17,18は、信州別所温泉。信州最古の湯として枕草子にもうたわれた別所温泉の泉質は弱アルカリ性単純硫黄泉。慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病にも効果があるといわれています。

    撮影地:信州別所温泉 中松屋
  • #19

    湯田中温泉編 前篇

    半年目突入となる#19,20は、湯田中温泉。開湯は7世紀頃に遡り、「養遐齢」の別名を持つ。養遐齢とは、病を癒し心を爽やかにして健康で長生きができるという霊験あらたかな湯であるとの意。温泉の泉質はナトリウム塩化物泉で、古くから長命長寿に効果があると言い伝えられています。

    撮影地:湯田中温泉 ホテル豊生
  • #20

    湯田中温泉編 後篇

    半年目突入となる#19,20は、湯田中温泉。開湯は7世紀頃に遡り、「養遐齢」の別名を持つ。養遐齢とは、病を癒し心を爽やかにして健康で長生きができるという霊験あらたかな湯であるとの意。温泉の泉質はナトリウム塩化物泉で、古くから長命長寿に効果があると言い伝えられています。

    撮影地:湯田中温泉 ホテル豊生
  • #21

    小湊温泉編 前篇

    夏場突入となる#21,22の温泉地は、小湊温泉。美しい太平洋を一望できる立地にある小湊の湯は炭酸水素塩泉で、疲労回復やストレス解消に効果が期待できます。

    撮影地:満ちてくる心の宿 吉夢
  • #22

    小湊温泉編 後篇

    夏場突入となる#21,22の温泉地は、小湊温泉。美しい太平洋を一望できる立地にある小湊の湯は炭酸水素塩泉で、疲労回復やストレス解消に効果が期待できます。

    撮影地:満ちてくる心の宿 吉夢
  • #23

    館山温泉編 前篇

    夏場突入となる#23,24の温泉地は、館山温泉。泉質はナトリウム炭酸水素塩泉。伊豆大島や富士山、夕焼けを眺めながら浸かる弱アルカリ性の湯は、体を優しく解し、水分発散を活性化させるため、清涼感がありながら体の芯を温めてくれます。

    撮影地:千里の風
  • #24

    館山温泉編 後篇

    夏場突入となる#23,24の温泉地は、館山温泉。泉質はナトリウム炭酸水素塩泉。伊豆大島や富士山、夕焼けを眺めながら浸かる弱アルカリ性の湯は、体を優しく解し、水分発散を活性化させるため、清涼感がありながら体の芯を温めてくれます。

    撮影地:千里の風
  • #25

    なめかた温泉編 前篇

    絶好調リリース中の「温泉2」#25、26の温泉地は、なめかた温泉。茨城県霞ケ浦湖畔の行方市で唯一、ロケ地である翠風荘にだけ湧き出る奇跡の源泉なめかた温泉は、メタケイ酸を含むアルカリ性で、ph値が9と高く、お肌の状態を整える美人の湯としてマニアには有名です。

    撮影地:翠風荘 慶山
  • #26

    なめかた温泉編 後篇

    絶好調リリース中の「温泉2」#25、26の温泉地は、なめかた温泉。茨城県霞ケ浦湖畔の行方市で唯一、ロケ地である翠風荘にだけ湧き出る奇跡の源泉なめかた温泉は、メタケイ酸を含むアルカリ性で、ph値が9と高く、お肌の状態を整える美人の湯としてマニアには有名です。

    撮影地:翠風荘 慶山
  • #27

    磯原温泉編 前篇

    絶好調リリース中の「温泉2」#27、28の温泉地は、磯原温泉。泉質は茨城の海辺では非常に珍しい硫黄泉で、その柔らかな湯は、美肌効果、疲労回復、リウマチ、神経痛に効果があると言われています。

    撮影地:としまや 月浜の湯
  • #28

    磯原温泉編 後篇

    絶好調リリース中の「温泉2」#27、28の温泉地は、磯原温泉。泉質は茨城の海辺では非常に珍しい硫黄泉で、その柔らかな湯は、美肌効果、疲労回復、リウマチ、神経痛に効果があると言われています。

    撮影地:としまや 月浜の湯
  • #29

    大田原温泉編 前篇

    半年を経過し絶好調リリース中の「温泉2」#29 、30の温泉地は、大田原温泉。今回の撮影地の泉質は、ナトリウム塩化物温泉で、源泉温度が51.4度、pH値が9.1と高い、アルカリ性低張性高温泉です。神経痛から慢性皮膚炎までと、効能は幅広く、皆に親しまれている湯です。

    撮影地:ホテル龍城苑
  • #30

    大田原温泉編 後篇

    半年を経過し絶好調リリース中の「温泉2」#29 、30の温泉地は、大田原温泉。今回の撮影地の泉質は、ナトリウム塩化物温泉で、源泉温度が51.4度、pH値が9.1と高い、アルカリ性低張性高温泉です。神経痛から慢性皮膚炎までと、効能は幅広く、皆に親しまれている湯です。

    撮影地:ホテル龍城苑
  • #31

    馬頭温泉編 前篇

    半年を経過し絶好調リリース中の「温泉2」#31、32の温泉地は、馬頭温泉。馬頭温泉にはいくつかの泉質の異なる源泉が存在し、今回の撮影地の泉質はアルカリ性単純泉。雄大な那須連山を眺めながら浸かる湯は、特に美肌効果が有名で、すべすべ、なめらか、しっとりの効果が期待できる、とろとろの湯です。

    撮影地:南平台温泉ホテル
  • #32

    馬頭温泉編 後篇

    半年を経過し絶好調リリース中の「温泉2」#31、32の温泉地は、馬頭温泉。馬頭温泉にはいくつかの泉質の異なる源泉が存在し、今回の撮影地の泉質はアルカリ性単純泉。雄大な那須連山を眺めながら浸かる湯は、特に美肌効果が有名で、すべすべ、なめらか、しっとりの効果が期待できる、とろとろの湯です。

    撮影地:南平台温泉ホテル
  • #33

    白浜女来島温泉編 前篇

    絶好調リリース中の「温泉2」#33、34の温泉地は、白浜女来島温泉。房総白浜の海岸線に出ずる湯は、弱食塩泉で、冷え性や神経痛、リュウマチに効果があると言われています。

    撮影地:グランドホテル太陽
  • #34

    白浜女来島温泉編 後篇

    絶好調リリース中の「温泉2」#33、34の温泉地は、白浜女来島温泉。房総白浜の海岸線に出ずる湯は、弱食塩泉で、冷え性や神経痛、リュウマチに効果があると言われています。

    撮影地:グランドホテル太陽
  • #35

    湯河原温泉編 前篇

    絶好調リリース中の「温泉2」#35、36の温泉地は、湯河原温泉。神奈川の人気の観光地湯河原は町全体で源泉の管理を行っており、安定的な温泉の供給が受けられるのに加え、ロケ地は独自の源泉も所有しており、その豊富な湯量で旅人を癒します。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、幅広い効能を持つことで知られています。

    撮影地:おんやど恵
  • #36

    湯河原温泉編 後篇

    絶好調リリース中の「温泉2」#35、36の温泉地は、湯河原温泉。神奈川の人気の観光地湯河原は町全体で源泉の管理を行っており、安定的な温泉の供給が受けられるのに加え、ロケ地は独自の源泉も所有しており、その豊富な湯量で旅人を癒します。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、幅広い効能を持つことで知られています。

    撮影地:おんやど恵

このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。
無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい

©FujiTelevision Network,Inc.All rights reserved.