photo

株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区台場、代表取締役社長:亀山千広)は、10月17日(金)23:00からフジテレビNEXTライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmartで、小泉今日子原作の異色の自伝的作品をドラマ化した『戦う女』を放送致します。

『戦う女』は、『あまちゃん』、『最後から二番目の恋』シリーズの活躍で、男性からの人気はもちろん、ますます幅広い世代の女性からも支持されている稀代のオピニオン・リーダー“小泉今日子”が書いた“パンツと女ごころ”にまつわるエッセイ。そこから生まれる【5つのドラマ】を作りました。

彼女自身の人生における“パンツのある風景”を切り取った異色の自伝的作品。
小学生、中学生、20歳、30代、42歳。“それぞれの時代の小泉今日子”の視点を通して、女性が共感できる普遍的な女心を描き、すべての女性に元気を与えます。
女性なら誰もがもつ繊細な本音を丁寧かつ大胆に描く、そんな5つの物語。フジテレビNEXTが、これまでにない意欲的で挑戦的なオムニバスドラマ『戦う女』をお送りします。

小泉今日子
原作全文掲載

<原作:小泉今日子 コメント>
原作だなんて言えないほどの、ほんの短いエッセイです。それが企画者の目に留まり、映像化されるとは驚きでした。どんな風に膨らませてくれるのかとても楽しみです。

<パンツ店・店主役:門脇麦 コメント>
---小泉今日子さんの印象は?
男前でかっこいいけど、とてもチャーミングで魅力的な女性。
---「戦う女」のアピールポイントは?
女性にとっては女心をくすぐる女たちの物語に、男性にとっては女の心の中を少し覗いたような気分になる、そんなドラマになっていると思います。ドラマを見た後に思わず語りたくなる、女についてのあんなことやこんなことを後半のトークでYOUさん、友近さん、エリイさんと楽しくお話しさせて頂いたので、そちらも楽しんで頂けたらなと思います。

<プロデューサー:鹿内植(フジテレビジョン・ペイTV事業部)コメント>
女性にとって憧れの存在である“小泉今日子”さん。憧れる理由は、美しい外見や飾らない人柄など様々ですが、何よりも一番ひかれるのは、いち女性として人生の時代時代をしっかりと楽しんでいる彼女の生き方だと思います。この作品は小泉さんご自身の体験から生まれたそれぞれの時代の感情を“パンツ”にのせた5つの物語です。作品を見てくださる方が自分に当てはめてみたり、昔を振り返ったり、未来を想像してみたり、今まで以上に“女の人生”を楽しんで頂けるきっかけになったら嬉しいです。上質なドラマと共に共感満載の女子トークを合わせて1パッケージにした今までにない新たな番組をお楽しみください。

<作品内容>
下着ショップで働くひとりの女性(門脇麦)がいる。彼女の小さなそのお店には各世代のオンナたちが訪れる。小学生から40代までのそのオンナたちは、それぞれ小さな人生の、女としての「岐路」に立っている。女はずっとオンナをおりちゃいけないの。女はオンナと戦っているの。女性なら誰もがもつ繊細な本音を丁寧かつ大胆に描く、そんな5つの物語。

<番組概要>
◆ 番組名:小泉今日子原作『戦う女』
◆ 放送局:CS放送フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
◆ 配信:フジテレビNEXTsmart
◆ 放送形態:60分×全5回 (30分ドラマ×30分トーク)
◆ 初回放送:10月17日(金)~11月14日(金)23:00~24:00(※リピート放送あり)

◆ 原 作:小泉今日子「戦う女」(リトルモア「真夜中」No4所収)
◆ 企画・脚本:髙崎卓馬(電通)
◆ 監督・脚本:垣内美香
◆ 「戦う女」テーマ曲:チャラン・ポ・ランタン
◆ アートディレクション:長嶋りかこ
◆ トーク構成:古賀文恵
◆ トークディレクター:岡野彰男
◆ 企画プロデューサー:日枝広道(電通)・松崎薫(フジテレビ)・三上晴子(ラミパス)
◆ プロデューサー:鹿内植(フジテレビ)・森田美桜(AOI Pro.)
◆ 製作作:清水賢治(フジテレビ)・中村理一郎(電通)・中江康人(AOI Pro.)
◆ 製作プロダクション:AOI Pro.
◆ 制作:「戦う女」製作委員会

nocopy

このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。 無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。 フジテレビホームページをご利用される方へのページもお読み下さい。

トップに戻る