ドラマ・映画

視聴方法
【フジテレビ有料チャンネル インフォメーションセンター】TEL:0570-088-818

わたしたちの教科書

菅野美穂が“闘う”弁護士を熱演!!
学校を舞台に繰り広げられる“明”と“暗”、人の心の二面性を深くえぐり出す異色作!


第26回向田邦子賞受賞作品。
積木珠子(菅野美穂)は、業界大手の法律事務所に所属する優秀な弁護士。最近はいじめ問題にも取り組んでいる。事務所の後継者である先輩弁護士・瀬里直之(谷原章介)と交際している珠子には、明るい未来が約束されていた。4月のある日、加地耕平(伊藤淳史)は、喜里丘中学に臨時教員として赴任する。テレビドラマの教師に憧れて教職の道に進んだ耕平は、初めての教師生活に胸の高鳴りを覚えていた。その喜里丘中学校には一癖ありそうな教師たちがいて、校長に代わって彼らを指導・監督し、この中学を取り仕切っているのは副校長の雨木真澄(風吹ジュン)だ。急病の教師に代わって2年3組の担任を務めることになった耕平は、教室に入らず、校庭でひとり本を読んでいる藍沢明日香(志田未来)に声をかけるが、明日香から唐突に「世界を変えることは出来ますか?」と問いかけられ、答えに窮する。ある夜、法律事務所に、珠子の知り合いだという中学生が訪ねてくる。明日香だった。しかし、なぜか珠子は居留守を使い、会おうとはしなかった。学校に姿を現さない明日香には、悪い噂がたくさんあった。耕平がそれを気にかけていると、繁華街で偶然、なぜか珠子と一緒にいる明日香に出会った。必死に学校に来るように明日香を説得する耕平。
事件が起こったのは、耕平の熱意に心を開いた明日香が登校した日のことだった。女子生徒が校舎の窓から転落したのだ…。

OAスケジュール

※放送内容、放送時間は予告なく変更される場合がございます。

  • 次回の放送日は未定です。

出演者

菅野美穂/伊藤淳史/谷原章介/真木よう子/酒井若菜/水嶋ヒロ/大倉孝二/佐藤二朗/志田未来 ほか