ドラマ・映画

視聴方法
【フジテレビ有料チャンネル インフォメーションセンター】TEL:0570-088-818

世にも奇妙な物語

“日常に潜む恐怖”をテーマとした1話完結3本オムニバス形式の奇妙なストーリー集。

OAスケジュール

※放送内容、放送時間は予告なく変更される場合がございます。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #28

    06/27(月) 06:00~06:50

    「屋上風景」/「坂道の女」「だれかに似た人」

    ■「屋上風景」
    出演者:鶴見辰吾/川崎敬三 ほか
    原作:阿刀田高「屋上風景」
    脚本:小中千昭
    演出:土井茂
    就職活動をしている主人公。ゼミの先輩である高野が勤める会社を訪問したところ、地下の社員食堂で待つように言われてエレベーターに乗り込んだ。すると地下に行くはずのエレベーターは何故か屋上についてしまう。屋上へ出てみると、一人の男性が近づいてきた。彼はその会社の社員だと言い、入社するのはやめた方がいいと伝える…。

    ■「坂道の女」
    出演者:京本政樹/岡本富士太 ほか
    原作:阿刀田高「坂道の女」
    脚本:大原豊
    演出:土井茂
    女性雑誌の編集部員・河野は、雨の中、大学の先輩であり人気作家でもある遠藤の家に原稿を取りに行く。バスを降り、遠藤のマンションを探していると、「おかあさ~ん」という女の子の泣き声が何度も聞こえてくる。訝しげにその声の主を探していると、「ゆきこー、ゆきこー」と叫びながら走り去る女性とすれ違う。河野はその女性とどこかで会ったことがある様な気がした。

    ■「だれかに似た人」
    出演者:斉藤慶子 ほか
    原作:阿刀田高「だれかに似た人」
    脚本:塩田千種
    演出:土井茂
    とある喫茶店に入った女性は、そこで海外に赴任している同僚にそっくりな男性を見かける。会社に戻った女性は、その同僚が事故で死んだという連絡を受ける。その後も数回同じようなことがあった。どうやらその喫茶店「サンプトム」で誰かに似た人を見かけると、その人が亡くなる前ぶれだということらしい。それから数ヶ月後、再びその喫茶店を訪れた。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #29

    06/28(火) 06:00~06:50

    「三人死ぬ」「覆面」「切腹都市~ハラキリシティ~」

    ■「三人死ぬ」
    出演者:露口茂 ほか
    脚本:棟居仁
    演出:山田大樹
    テレビのワイドショーで「緊急非難」について解説して、「私なら自分の身を犠牲にして他人を救う」と発言した弁護士が、数年前にタイムスリップして、彼がテレビ番組で解説しようとしていたはずの3人の人質が死んだ銀行強盗事件に巻き込まれてしまう。

    ■「覆面」
    出演者:獣神サンダー・ライガー/二橋進 ほか
    脚本:新山哲/棟居仁
    演出:河崎実
    プロレスの練習生の主人公には、大手術のために入院中の弟がいる。手術を恐れる弟を励ますため、主人公は先輩である覆面レスラー「獣神サンダーライガー」を連れて見舞いに来る。試合の近いライガーは病床の少年を励ますために勝利を約束するが、その帰りに交通事故に遭って意識不明に陥る。試合の日程を変更できない事務所は、ライガーが覆面レスラーなのを逆手にとり主人公を代役に立てる。

    ■「切腹都市(ハラキリシティー)」
    出演者:ケント・ギルバート/竹中直人 ほか
    脚本:棟居仁
    演出:一瀬隆重
    ロバーツが会社の取引先の日本へやってきた。彼は日本がまだ「サムライ」のいる所だと思っている。これは、彼だけが迷い込んだ「ニッポン」のストーリー。
    カミカゼ物産の社長は、正にサムライの精神を持つ男。彼は、部下が空港に迎えに参らなかったことをわびた。その部下は後日、ハラキリを行なう。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #25

    06/28(火) 13:00~13:50

    「リフレクション」「人形」「お前が悪い!」

    ■「リフレクション」
    出演:藤真利子 ほか
    脚本:矢崎公彦
    演出:小田切正明
    女が出勤する途中で、車のバッテリーが上がってしまった。会社に着くと、今度は青い服を着た女がぶつかってきた。仕事もうまくいかず、今日は運が悪いようだ。しばらくして、ペットショップに行くと、先程の青い服の女がいた。以来、レストランやトイレなど、行く先々で青い服の女に会い、女は自分が尾行されていると思い込む。

    ■「人形」
    出演者:杉本哲太 ほか
    原作:星新一
    脚本:川道正顕
    演出:太田雅晴
    セールスマンから「幸福のわら人形」を購入した主人公の結城。このわら人形が痛ければ、自分も痛い。わら人形が熱ければ、自分も熱い。このわら人形を安全に保つことができれば、自分も不死身になると聞いた結城は、人形を大切に扱った。そして次第に、人形を肌身離さず持っているよりも、どこかに保管したほうが良いと考え…。

    ■「お前が悪い!」
    出演者:石橋保 ほか
    原作:火浦功
    脚本 友澤晃
    演出:林高明
    主人公は、出勤途中にタクシー同士の接触事故に遭遇する。すると突然、運転手たちが、「お前のせいだ」と言って主人公に迫ってきた。それからというもの、取引先でも「お前のせいだ!」、 課長からも「お前が悪い!」 と、会う人会う人から、いわれのないことで難癖をつけられるようになってしまう。ついに、主人公は発狂して…。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #30

    06/29(水) 06:00~06:50

    「無人艦隊」「あやしい鏡」「驚異の降霊術」

    ■「無人艦隊」
    出演者:永島敏行 ほか
    脚本:棟居仁
    演出:井上芳夫
    自衛隊の巡洋艦。ある時乗組員が次々に消えていく。残された乗組員達は恐怖に怯えるが、煙のように皆消えていく。ある乗組員が、消えそうになったのに、消えずに戻ってきた。残った乗組員達が、何故消えなかったのか聞くと、「消える前に、残してきた大事な人の事を思い出したら消えずにすんだ」と言う。その後消えそうになると、愛する人達を思い出し、消えるのを免れる乗組員達。無事港に帰還すると、管制官達が消えていた。

    ■「あやしい鏡」
    出演者:南野陽子 ほか
    脚本:棟居仁
    演出:今関あきよし
    ある親子が久々に別荘を訪れる。そこには『前に立つと、かつて自分が殺した人物が映る』という伝説の残る鏡が飾られていた。母と姉をしに追い遣った伊田(義理の父)が許せない年子は、別荘で復讐を実行。伊田を撲殺する。肩で息をしていると、目の前にはあの鏡が。次の瞬間、彼女の後ろに血まみれの伊田が立ち(まだ死んでなかった)、年子は返り討ちにあって殺されてしまう。

    ■「驚異の降霊術」
    出演者:柴俊夫 ほか
    脚本:あんじょうふみお
    演出:河崎実
    超能力番組の取材。タレント数名とスタッフが山奥にいる霊媒師の老婆を訪れる。
    早速降霊術を行う事となりタレントの一人の父を呼び出す霊媒師。
    口調が変わり、タレントを説教し始める。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #31

    06/30(木) 06:00~06:50

    「半分こ」「くせ」「死ぬほど好き」

    ■「半分こ」
    出演者:柏原芳恵/香坂未幸 ほか
    脚本:村上修
    演出:両沢和幸
    スーパーの特売に出かけた主婦の北沢英子(柏原芳恵)が、必要以上に詰まった商品を前に購入を迷っていると、山岸緑(香坂未幸)が、「半分こしませんか」と声をかけてきた。これをきっかけに仲良くなる二人。その後も、英子と緑はさまざまなものを半分に分け合った。ある日、インコを飼いたいけれど、さすがに半分にはできないので、交代で飼うことにする二人だったが…。

    ■「くせ」
    出演者: 菊池桃子/宮川一朗太 ほか
    脚本:両沢和幸
    演出:金澤克次
    吉永真理子(菊池桃子)は、美人でありながら、いつも地味な格好と振る舞いをしていた。なぜなら、彼女は人からほめられると、無意識のうちに何かを盗んでしまうというくせがあったのだ。そんなある日、真理子は笹岡良平(宮川一朗太)と出会う。笹岡は一目で真理子のことを気に入る。笹岡にほめられた真理子は、知らず知らずのうちに…。

    ■「死ぬほど好き」
    出演者:石田ひかり/角田英介  ほか
    脚本:野島伸司
    演出:川崎善広
    星野純平(角田英介)は、ミス北高でクラスメイトの佐伯美香(石田ひかり)に憧れている。一度、自分の下駄箱に美香からのバレンタインチョコレートが入っていたことがあったが、何かの間違いだと思っていた。ある日、葬儀店の息子である友人の真鍋が、死んだフリをして彼女の気持ちを確かめたらどうかと提案。友人たちの協力のもと、純平の葬式が行われる。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #26

    06/30(木) 29:00~29:50

    「通勤電車」「自動振込」「おじいちゃんの恋文」

    ■「通勤電車」
    出演:美木良介 ほか
    脚本:浜田金広
    演出:日名子雅彦
    24歳のサラリーマンである主人公は、思いきって郊外に一軒家を購入した。引っ越しをすませた翌日、2時間半をかけて会社に着くと、なぜか時間が1年経過。いつの間にか会社のマドンナと付き合っていることになっていた。まったく記憶がない主人公。その翌日も1年が過ぎていた。どうやら電車に乗るたびに時間が過ぎていくようで…。

    ■「自動振込」
    出演者加賀まりこ/原田大二郎 ほか
    脚本:浜田金広
    演出:土坂浩輝/小林俊一
    「オリエント商事」に20年勤めている伸子は、職場では最年長。口うるさいため、女性社員からは煙たがられていた。ある給料日のこと、伸子は自分の口座に、1億円が入金されていることを知り驚いてしまう。そんな彼女に、「シー・エス出版」の戸田夏夫と名乗る男が、言葉巧みに近づいてきた。伸子は、戸田に惹かれていくのだが…。

    ■「おじいちゃんの恋文」
    出演者:大滝秀治 ほか
    脚本:小林竜雄
    演出:青木征雄
    主人公の根上は、孫の名を騙って、昔好きだったユキコそっくりの女子高生・美樹と文通をしていた。ところがある日、美樹からの手紙に、今度の日曜に東京に行くので会ってくれませんかと書かれていた。日曜は明日。根上には、かつて自分の気持ちをユキコに伝えられなかったという悔いがあった。だが、美樹はユキコとは違う。根上は、本当のことを話そうと決意する。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #46

    07/11(月) 28:50~29:40

    「チャネリング」「毛皮が脱げない」「海亀のスープ」

    ■「チャネリング」
    出演者:佐藤B作/沖 直美/六平直政 ほか
    脚本:土屋斗紀雄
    演出:高野正雄
    須藤(六平直政)は、高野天山と名乗らせた亮二(佐藤B作)と松井洋子(沖直美)を使って、インチキ霊媒で客から法外な金をせしめていた。しかし、取り分のいい須藤に対し、亮二と洋子は分け前が少ないことに不満だった。そんなある日、須藤が、かつて自分は人を殺したことがあると告白。二人は、そのことを利用して須藤にひと泡吹かせてやろうと計画する。

    ■「毛皮が脱げない」
    出演者:畠田理恵 ほか
    脚本:土屋斗紀雄
    演出:小川定孝
    村上沙織(畠田理恵)は、友人の美幸と夏子が海外で豪華な毛皮のコートを買ってきたことが、うらやましくて仕方ない。つい二人のことをねたましく思ってしまい、お土産でもらったウサギの皮財布を、そんなに毛皮が好きなら犬や猫になればいいと、神社で投げつけてしまう。すると、財布の中に入っていた5円玉が、コロコロとさい銭箱の中へ…。

    ■「海亀のスープ」
    出演者:いかりや長介 ほか
    原案:景山民夫(「海亀のスープ」『どんな人生にも雨の日はある』所収 新潮社)
    脚本:土屋斗紀雄
    演出:久世光彦
    あるレストランで海亀のスープを口にした芝山泰治(天本英世)は「これは海亀のスープじゃない」と言って席を立ち、出て行ってしまった。翌日、芝山は自殺。雑誌記者の渋沢蘭子(木内みどり)は、この件に興味を持ち調べ始めると、加藤二郎(いかりや長介)に行き当たった。実は、芝山と加藤は元船乗りで、以前遭難した経験を持っていて…。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #48

    07/15(金) 23:10~24:00

    「髪」「奇跡を呼ぶ男」「つぐない」

    ■「髪」
    出演者:五十嵐いづみ/桂 三木助/堀部圭亮 ほか
    脚本:杉本恵美子
    演出:樋口 徹
    恋人の健司(堀部圭亮)と別れたばかりの江利子(五十嵐いづみ)は、ある日、“失恋美容院”という店のチラシをもらい、思いきって髪を切ることにした。店を訪れると、出てきたのは不思議な雰囲気の美容師(桂三木助)。失恋を吹っ切ろうと、ショートカットにしてほしい旨を伝えると、美容師はとんでもないものを持ち出してきて…。

    ■「奇跡を呼ぶ男」
    出演者:長谷川初範 ほか
    原作:「鶴の恩返し」
    脚本:近藤博幸
    演出:花堂純次
    渡ジョー(長谷川初範)は何者かに追われていたが、偶然その場を通りかかった1台の車のおかげで危機を逃れる。その車には繊維メーカー「大翔紡績」のロゴがプリントされていた。恩義を感じたジョーは、翌日その会社へと向かう。そこでは、社長以下重役たちが、業績の悪化により、このまま倒産か、ライバル会社との合併かの選択を迫られていた…。

    ■「つぐない」
    出演者:尾藤イサオ ほか
    脚本:樹太
    演出:富永卓二
    凶悪犯の権藤賢(尾藤イサオ)は、死刑を確実視されていた。だが、なぜか権藤は、裁判で無罪判決を言い渡される。裁判所の外で報道陣に囲まれ、一斉に非難される権藤。「自分は無罪なんだ!」と報道陣に悪態をつき、道路に飛び出す。が、ちょうどそこに車がやってきて…。権藤は、そこから、いっそ死んだ方がましと思えるような体験をすることになるのだった。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #34

    07/20(水) 29:00~29:50

    「愛車物語」「ライバル」「ズンドコベロンチョ」

    ■「愛車物語」
    出演者:佐藤寛之/伊藤美紀 ほか
    脚本: 両沢和幸
    演出:伊藤正治
    山本伸吾(佐藤寛之)は、恋人の香織と彼女の愛車でドライブ中に事故に遭い、香織だけが命を落としてしまう。香織の愛車を譲り受けた伸吾は、その車を修理し大事に使っていた。半年後、伸吾に新しい恋人ができた。その彼女とドライブに行こうと車に乗り込むと、決まって車の調子がおかしくなり…。

    ■「ライバル」
    出演者:佐藤浩市/高岡健二 ほか
    脚本:野依美幸
    演出:川崎 善広
    松永信太郎(佐藤浩市)は、かつて少年野球のエースだった。だが、その座を争っていたライバルで親友の健治の頭にボールを当ててしまい、健治は植物状態に。以来、信太郎は野球をやめ、健治のことをずっと気にかけてきた。ある日、信太郎が車を運転していると、突然ボールが飛んでくる。飛んできた方向を見ると、そこには健治の姿が…。

    ■「ズンドコベロンチョ」
    出演者:草刈正雄 ほか
    脚本:北川悦吏子
    演出:金澤克次
    大手広告代理店に勤めるエリートの三上修二(草刈正雄)は、いつの間にか周囲の人間が「ズンドコベロンチョ」という、聞きなれない言葉を使っていることに気づいた。仕事柄、新語に知らない言葉はないと自負していた三上は、気になって仕方がない。ところが、プライドが邪魔して他人に聞くことができない三上は、なんとかその正体を一人で突き止めようとするのだが…。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #35

    07/21(木) 13:10~14:00

    「電気じかけの幽霊」「ハイ・ヌーン」「いいかげん」

    ■「電気じかけの幽霊」
    出演者: 喜多嶋舞/坂上忍 ほか
    脚本:扇澤延男
    演出:雨宮慶太
    ある日、伊東亮(坂上忍)の恋人が感電死してしまう。亮は、なかなか立ち直ることができずにいた。なんとか気持ちを奮い立たせ大学に向かうと、亮に憧れていた谷口睦美(喜多嶋舞)が優しく声をかけてきた。それがきっかけで亮は少しずつ元気を取り戻し、やがて二人は付き合うことに。以来、亮の周囲で街頭が急に消えたり、青信号が突然赤に変わったりする現象が起こり始める。

    ■「ハイ・ヌーン」
    出演者:玉置浩二  ほか
    脚本:神戸一彦
    演出:坂本太郎
    猛暑の昼どき、下町の食堂にやってきたサラリーマン風の男(玉置浩二)が、親子丼を注文した。食べ終わったかと思うと、次はカツ丼を注文。また食べ終わったかと思ったら、今度は玉子丼、スタミナ丼…気がつくと、男は壁に貼ってあるメニューを右から順番に平らげていってるではないか。おかしな客がいると、町のみんなも集まってきて…。

    ■「いいかげん」
    出演者:篠田三郎 ほか
    脚本:武上純希
    演出:小中肇
    藤原哲男(篠田三郎)は、とてもきちょうめんな性格で、いいかげんなことが大嫌いなサラリーマン。ある日、会社の接待で利用していたバーのトイレから出ようとすると、まぶしい光が差してきて、気がつくとそこは会社のオフィスに変わっていた。そこに一人の社員が、書類を提出しにやってくる。だが、その内容が、どうにもいいかげんなもので…。

  • フジテレビTWO ドラマ・アニメ
    #36

    07/22(金) 23:10~24:00

    「プレゼント」「殺人者は後悔する」「親切すぎる家族」

    ■「プレゼント」
    出演者:国生さゆり/永瀬正敏 ほか
    脚本:島田満
    演出:今関あきよし
    直人(永瀬正敏)は、女子大生の蓉子(国生さゆり)のことが気になっていた。蓉子には拓也(沢向要士)という金持ちの恋人がいる。ある日、直人のバイト先にやってきた蓉子と拓也。直人は、蓉子にケーキをサービスするが、それが原因で直人は拓也から殴られてしまう。ところが、家に帰ると、蓉子が待っていた。海に連れていってほしいの…直人は、蓉子の魅力に取りつかれていくのだった。

    ■「殺人者は後悔する」
    出演者:阿藤海/大場久美子 ほか
    脚本:信本敬子
    演出:田中秀夫
    夫婦水入らずで結婚記念日を祝っていた杉田時雄(阿藤海)と小菊(大場久美子)夫妻。しかし、次々と邪魔が入り、乾杯すらできないでいた。イライラが募り、次第に険悪になっていく二人。ついに喧嘩になり、カッとなった時雄は小菊を殴り殺してしまう。我に返った時雄は、妻の遺体を抱きしめながら泣き叫んだ。だが、突然時間が元に戻っていて…。

    ■「親切すぎる家族」
    出演者:古尾谷雅人 ほか
    脚本:浦沢義雄
    演出:坂本太郎
    ゴールド(金)で、詐欺まがいの商売を続ける佐川一彦(古尾谷雅人)。家庭を顧みず、妻と子供は出て行ってしまった。今日もうだるような暑さの中、田舎の農家を歩き回っていると、佐川は気分が悪くなってしまう。そこに現れた老婦人に介抱され、自宅に招かれることに。そこには老婦人の娘と孫らしき人物が。すると老婦人は、佐川を息子として紹介し…。

出演者

<ストーリーテラー>タモリ