音楽

視聴方法
【フジテレビ有料チャンネル インフォメーションセンター】TEL:0570-088-818

Live at ビルボードライブ東京

2007年8月に大人気スポット六本木の「東京ミッドタウン」にオープンした「ビルボードライブ東京」。「都心の上質な日常」をコンセプトとした「東京ミッドタウン」にふさわしく、3層吹き抜けの開放的なフロア構成で、開演前にはステージ後方の高透過ガラスに広がる都心の夜景も楽しめる極上の音楽空間。

OAスケジュール

※放送内容、放送時間は予告なく変更される場合がございます。

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    SP69

    12/06(火) 21:20~23:00

    アール・スリック and バーナード・ファウラー perform “ステイション・トゥ・ステイション”in tribute to デヴィッド・ボウイ

    「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」に選ばれ、2016年1月に逝去した伝説のスター、デヴィッド・ボウイ。彼が残した名盤『ステイション・トゥ・ステイション』のトリビュート公演がビルボードに登場する!

    1976年にリリースされた『ステイション・トゥ・ステイション』は、かの有名なシングル「ゴールデン・イヤーズ」を収録し、70年代ボウイの“アメリカ時代”から“ベルリン時代”を橋渡しする作品として現在でも高い評価を得ている。

    今回のライブでバンドを率いるのは、同作はもちろんのこと、1983年にボウイを世界的なスターへと押し上げた「シリアス・ムーンライト・ツアー」や、2013年の『ザ・ネクスト・デイ』などにも参加し、長年ボウイをサポートしてきた盟友ギタリスト、アール・スリック。
    そして、ローリング・ストーンズのサポート・メンバーとしても知られるバーナード・ファウラーがリード・ヴォーカルを担当する。さらに2015年の『世界を売った男』のトリビュート公演にも参加したリサ・ロンソン(故ミック・ロンソンの娘)も参加するなど、ボウイに縁深いメンバーが中心となって演奏する豪華ステージとなっている。
    また、『ステイション・トゥ・ステイション』以外のボウイの楽曲はもちろん、メンバーに縁のあるローリング・ストーンズやジョン・レノンの楽曲も演奏される予定だ!

    豪華バンドにより奏でられる、ボウイが残した素晴らしい音楽をお楽しみに!

    【出演】アール・スリック、バーナード・ファウラー

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    SP69

    12/06(火) 27:20~29:00

    アール・スリック and バーナード・ファウラー perform “ステイション・トゥ・ステイション”in tribute to デヴィッド・ボウイ

    「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」に選ばれ、2016年1月に逝去した伝説のスター、デヴィッド・ボウイ。彼が残した名盤『ステイション・トゥ・ステイション』のトリビュート公演がビルボードに登場する!

    1976年にリリースされた『ステイション・トゥ・ステイション』は、かの有名なシングル「ゴールデン・イヤーズ」を収録し、70年代ボウイの“アメリカ時代”から“ベルリン時代”を橋渡しする作品として現在でも高い評価を得ている。

    今回のライブでバンドを率いるのは、同作はもちろんのこと、1983年にボウイを世界的なスターへと押し上げた「シリアス・ムーンライト・ツアー」や、2013年の『ザ・ネクスト・デイ』などにも参加し、長年ボウイをサポートしてきた盟友ギタリスト、アール・スリック。
    そして、ローリング・ストーンズのサポート・メンバーとしても知られるバーナード・ファウラーがリード・ヴォーカルを担当する。さらに2015年の『世界を売った男』のトリビュート公演にも参加したリサ・ロンソン(故ミック・ロンソンの娘)も参加するなど、ボウイに縁深いメンバーが中心となって演奏する豪華ステージとなっている。
    また、『ステイション・トゥ・ステイション』以外のボウイの楽曲はもちろん、メンバーに縁のあるローリング・ストーンズやジョン・レノンの楽曲も演奏される予定だ!

    豪華バンドにより奏でられる、ボウイが残した素晴らしい音楽をお楽しみに!

    【出演】アール・スリック、バーナード・ファウラー

  • フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
    SP69

    12/07(水) 11:20~13:00

    アール・スリック and バーナード・ファウラー perform “ステイション・トゥ・ステイション”in tribute to デヴィッド・ボウイ

    「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」に選ばれ、2016年1月に逝去した伝説のスター、デヴィッド・ボウイ。彼が残した名盤『ステイション・トゥ・ステイション』のトリビュート公演がビルボードに登場する!

    1976年にリリースされた『ステイション・トゥ・ステイション』は、かの有名なシングル「ゴールデン・イヤーズ」を収録し、70年代ボウイの“アメリカ時代”から“ベルリン時代”を橋渡しする作品として現在でも高い評価を得ている。

    今回のライブでバンドを率いるのは、同作はもちろんのこと、1983年にボウイを世界的なスターへと押し上げた「シリアス・ムーンライト・ツアー」や、2013年の『ザ・ネクスト・デイ』などにも参加し、長年ボウイをサポートしてきた盟友ギタリスト、アール・スリック。
    そして、ローリング・ストーンズのサポート・メンバーとしても知られるバーナード・ファウラーがリード・ヴォーカルを担当する。さらに2015年の『世界を売った男』のトリビュート公演にも参加したリサ・ロンソン(故ミック・ロンソンの娘)も参加するなど、ボウイに縁深いメンバーが中心となって演奏する豪華ステージとなっている。
    また、『ステイション・トゥ・ステイション』以外のボウイの楽曲はもちろん、メンバーに縁のあるローリング・ストーンズやジョン・レノンの楽曲も演奏される予定だ!

    豪華バンドにより奏でられる、ボウイが残した素晴らしい音楽をお楽しみに!

    【出演】アール・スリック、バーナード・ファウラー